<

大きな桜の木は4分咲き位ですが真上から見るのも美しい 対岸生口島

積善山展望台より 対岸手前は生口島

日曜日の14時頃 通行量は少数でした 桜のトンネルが感激!

しまなみ海道 岩城島 積善山の3000本桜

                                3月31日

                 BMW K1600GTL

車庫とお金に余裕があればビーマー憧れのバイク。 車では伝統の6気筒エンジン。

低重心の6気筒と最先端技術満載で昨秋日本に上陸。さて、下の写真のトップケースをご覧ください。

左はタンデムシートの奥様が心臓ペースメーカー装着ということで。

ところで 右は車ではよく見かけるマークですが、バイクでは初めて見ました。 

そして ご夫婦の年齢を聞いて驚きました。  78+78=156歳!! 

前車のR1200RTは1年半で35000キロを走破! いつもお二人で・・だそうです。

この1600GTLの登場とともにすぐ乗り換えたとのこと。RTとぜんぜん違うよ〜ですって。。

インカムを繋ぎさっそうと乗車、アクラボビッチのチタンマフラーから6気筒サウンドを残し〜

あっという間に見えなくなりました  いや〜 バイクよりも人間パワーに圧倒されました” 

                                             

             放射線影響研究所 ABCC

広島と長崎に原爆が投下されて以来、放射能の影響について日米共同で半世紀以上の

研究を積み重ねてきた日米共同研究機関です。       http://www.rerf.jp/

広島市南区比治山公園に1950年に完成しました 小さな窓がたくさんある珍しい建物です。

たくさんの部署を約200名のスタッフと約50名の研究者が働いています。福島第一原発事故

以来、放射能についての関心が世界的に高まっており各方面からの問い合わせや被ばく測

定で訪問者が増えているようです。                       2011年6月3日
  

すぐ近くから湧き出る源泉です、風呂の泉質とは色が異なります。何十年と飲まれている方のお話に
よると胃潰瘍、腎臓、肝臓、糖尿、皮膚、アトピー、便秘などに大変良いと話されていました。1リットル
100円です。我が家の女性4人は化粧水として使っています、私も顔がカサカサした時につけたり毎日
400〜500ccいただいております。                       
                                              2011年5月21日
  

入浴中の方がいらっしゃったので一部をご覧ください 泡が出ているのがお分かりでしょうか?高濃度
の炭酸ガスと源泉が底から湧き上がって来ています。35℃と体温より低い温度ですが、しばらく入ると
不思議なことに温まってきます。温度が低いゆえに長時間(30分〜60分)入ることができて治療効果が
現れるようです。私は60分入らせていただきます、常連の方の話を聴いているとあっという間です。

冬場は階段下の右側にある五右衛門風呂で温まってから出ます。

木曜日が定休日です。注意書きをお守りください 湯治温泉です。

男女別ですがそれぞれ5〜6名しか入れません、待つ場合もございます。

入浴のみ、石鹸、シャンプー不可です。料金500円をこちらでお支払いし、隣の玄関が温泉入り口です。

細かい説明は省略いたしますが、病弱の方、アトピーや皮膚病の方、とにかく行ってみてください。

一軒のみの湯治場です。食事は途中で済ませるか、冬以外は三瓶高原でお弁当を頂くのがお勧め。

中国自動車道三次ICから国道54号線経由約45km。途中川本、美郷方面へ、ポイントでは看板あり。 

〔すばらしい秘湯 湯治場をご紹介致します 島根県の千原温泉です〕

              東京スカイツリー

地下鉄銀座線終点の浅草下車。駅員さんに何分くらいかかりますか?と尋ねると、最寄の駅からですか?いいえ、ここから歩いてです。えっ!今から歩いていくのですか?30分かかりますよ!着いた頃は真っ暗で見えませんよ!そんな訳でタクシーに乗ったところワンメーターでアッという間に到着。帰り道は徒歩15分程度でした。第一印象は、タワーの前から見上げることが出来ないためか、高さの迫力は感じませんでした。タワーが完成する頃、日本経済は元気を取り戻している予感を感じました。  
                                       2011年1月13日

見学を申し込むと、上記の小冊子をいただき20分のDVDを見た後、施設内の廊下に掲示された研究

成果などの解説を受けながら案内してくださいます。イデオロギーなどを横に置いて、放射能を理解す

る機会を作ってみてはいかがでしょうか。