山辺 絵理さん

山辺絵理プロフィール

1981年東京生まれ。3才よりピアノを始める。

13才アメリカにて「第11回ジーナバックアワー国際ピアノコンクール、エキシビジョンコンサート」にてリストの「ラ・カンパネラ」を完璧なテクニックで見事に演奏し、地元聴衆を熱狂させる。

14才東京にてリサイタルを開催、古典から、ロマン、近現代と幅広いレパートリーで「スクリャビンエチュード42-5」ピアノ伴奏による「リストピアノ協奏曲第1番」など難曲も確実なテクニックと柔軟な音楽性で表現し、大成功を収めた。

同年、世界的ショパンピアニストのハリーナ・チェルニー・ステファンスカ氏に弟子として認められ同氏が定期的に来日の際、本格的なショパンのレッスンを受けるようになる。ステファンスカが‘01年に亡くなる数ヶ月前までその指導は続いた。

15才前年のリサイタルの成果が認められ、「練馬新区庁舎落成記念祝賀式典」にて「オールショパンプログラム」のリサイタルに出演。各界の聴衆に絶大なる賞賛を受け練馬区教育委員会、東京都教育委員会より表彰される。

16才ポーランド国立クラクフ室内管弦楽団。ローランド・バータ指揮「ショパンピアノ協奏曲第1番」を東京虎ノ門ホールにて共演。完成された演奏は、ショパン音楽評論家からも絶賛され、その後この曲は、さまざまな楽団と10数回共演することとなる。

18才ドイツで演奏のチャンスが与えられるオーディションの合格。ドイツ国内9都市でコンサートに出演、全公演大成功を収めた。

19才「第14回ショパン国際ピアノコンクール」に参加。コンクール速報新聞に写真入りで報道され「才能あるピアニスト。名演奏だった。彼女は多くのものを我々に提供してくれるだろう。」とその演奏を高く評価され、「ノクターン作品62-2」はコンクールライヴCDにリリースされた。

20才前年のショパン国際ピアノコンクールがきっかけで世界的ピアニスト、ケヴィン・ケナー氏に認められロンドンに留学。


〜近況〜

国内はもとより、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、ポーランド、ハンガリーにてソロ演奏会及び協奏曲の演奏会に出演。

ポーランド国立放送交響楽団、同国立ポメラニアン交響楽団、同国立クラクフ室内管弦楽団、チェコのヤナーチェク・フィルハーモニー管弦楽団、他オーケストラとの共演も数多く、その多彩な、極めて美しい音色の、感性溢れる演奏は聴衆を魅了して止まない。
 
'
01年9月より英国王立音楽大学に(財)ヤマハ音楽振興会留学生奨学金を受け留学。東京とロンドンの往復で2つの大学に在籍し単位を取得。

'
03年3月東京音楽大学ピアノ演奏家コースを首席で卒業。読売新人演奏会に出演。7月英国王立音楽大学大学院第一課程を首席で卒業。

9月より(財)明治安田生命クオリティオブライフ文化財団海外音楽研修生奨学金を受ける。

'
04年同大学アーティストディプロマコース」を最優秀で卒業。大学より「ジョンホプキンソン特別メダル」を授与される。現在、英国王立音楽大学大学院に特待生奨学金を受けケヴィン・ケナー氏の元でさらなる研鑚をつんでいる。


これまでに、田澤恵巳子、杉谷昭子、ハリーナ・チェルニー・ステファンスカ、吉川元子、下田幸二、高橋多佳子、野島稔、菊地麗子、ケヴィン・ケナー各氏に師事。
現在ロンドン在住。


〜コンクール歴〜

'
92年
「第46回全日本学生音楽コンクール東京大会小学校の部」第2位 受賞。

'
93年
「第17回ピティナピアノコンティション全国大会E級」銀賞、併せて読売新聞社賞、洗足学園前田賞受賞。

'
95年
「第2回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際音楽コンクール」でセミファイナリスト。

'
96年「第20回ピティナピアノコンペティション全国大会特級」最年少入選。

'
98年
「第3回若いピアニストの為のルービンシュタイン記念国際コンクール」(ポーランド)で第5位。併せて最年少最優秀賞を受賞。

'
99年
「第6回ヨーロッパショパン国際コンクール」(ドイツ)ディプロマ賞受賞。

'
00年
「第1回ショパン国際ピアノコンクールin ASIA」にて第1位受賞。

'
01年
「第56回ジュネーブ国際音楽コンクール」(スイス)にて最年少でベスト6に選ばれ最年少ディプロマ賞受賞。

'
03年
2003チャペルゴールドメダルコンペティション」(イギリス)でシルバーメダル受賞。「英国王立音楽大学コンチェルトコンクール全楽器部門」(イギリス)総合第1位。

'
04年「パデレフスキー国際ピアノコンクール」(ポーランド)ディプロマ賞受賞。

'
05年
「第10回イタリア文化庁主催パウシリポン国際ピアノコンクール」(イタリア)

第2位。